優しいだけ,無害,良い人止まり…なぜ「優しい人」はモテないと言われるのか?大学生が論理的に考えてみた。

優しいだけの人、無害な人、良い人止まりの人…。

 

これらの言葉に称されるように、世の中には「優しい人はモテない」という定説が少なからずあります。

 

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

 

今回は、「なぜ優しい人はモテないと言われるのか?」と題して、「優しさ」とモテに関して考察していこうと思います。

 

 

結論 「優しさには惹かれない」

結論から申しますと、「『優しさ』は性的魅力として映りにくい」からです。

言い換えれば、優しさとモテは関係性が薄いということです。

 

 

たとえば、「顔がいい(カッコいい・可愛い)」・「スタイルがいい」という要素は、直接的に異性としての魅力を他者に与えます。

 

 

 

 

 

直接で出会ったことのない芸能人やアイドルなどに好意を抱く人が多いのも、このような異性としての魅力を感じているからに違いありません。

 

これらの要素は直接的に、性的な魅力を他者に与えます。そのためその人物を異性として感じ、(少なからずの)好意を抱く可能性は非常に高いでしょう。

 

 

しかし、「優しさ」の場合は異なります。

優しさは、直接的に異性としての魅力を与えるのではなく、人としての(道徳的)魅力を与えるのです。

たとえば、バスでご高齢の方に席を譲っている人がいれば、「この人は優しい人だな」と思うことがあっても、「この人と恋人になりたい・(異性として)好きだ」とは思わないはずです。

 

(仮になったとしても、それは純粋な優しさに惹かれたのではなく、優しさ以外の要因に惹かれた可能性が高いでしょう)

 

 

「優しさ」は道徳的魅力を与えるものであり、性的魅力を示すものではありません。

ですので、優しいこととモテることは関係性が薄いのです。

 

 

 

「優しさ」に惹かれない女性

 

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校などの複数の研究者によって行われた研究では、優しさとモテの関係を探るために、研究参加者に初対面の異性の個人と無作為にペアを作らせた。3つの研究において、男性は「優しい女性」に惹かれることが判明したが、一方で女性は「優しい男性」に惹かれる傾向が確認されなかった。

Just a moment...

 

海外での研究において、女性は男性に比べて「優しさ」に惹かれにくいということが判明しました。

確かに、ネット上で「優しいだけの人」・「無害な人」・「良い人止まりの人」と称されている人は男性の場合が多い傾向にあるようです。

 

 

優しい≠モテる

「優しさ」は道徳的魅力を与えるものであり、性的魅力を示すものではありません。

したがって、「優しいとモテる」という前提自体がそもそも間違っているのです。

 

当然のことですが、人間の欲望と「道徳的な正しさ」は必ずしも一致するものではありません。

道徳的魅力と性的魅力。どちらも素晴らしいものですが、殊更にモテるということにおいては、性的魅力が自然と優先されやすいのです。

 

以上のことが理由で、「優しい人」はモテないという定説があると考えました。

 

 

言葉の意味から考察する

最後に、「優しいだけ」「無害」「良い人止まり」という言葉の意味について少し考察してみましょう!

 

優しいだけ

 

→優しいという道徳的魅力はあるものの、異性としての性的魅力に欠けている状態

→優しい(という道徳的魅力がある)だけ

 

=「異性として意識されていない」

 

無害

 

→害を及ぼさない=好かれてもいないし、嫌われてもいない状態

→「毒にも薬にもならない」状態

 

=「異性として意識されていない」

 

良い人止まり

 

→友人としてはおおむね良好であるが、恋人候補として意識をされていない状態

→知人の状態から恋人関係(異性として意識する関係)に進まず、友人関係に終着した状態=友達ルート行き

→良い人止まり=友達ルートに着地

 

=「異性として意識されていない」

 

これらの言葉を考察すると「異性として意識されていない」という共通の問題があります。つまり、「優しい人がモテない」というのは、優しいということ自体が問題ではなく、異性として意識させるような行動ができていないということではないでしょうか(無理やりですが…)

 

実際に、恋愛対象として意識したエピソードを調べてみると、

 

・重い荷物を代わりに持ってくれた

・飲み会の帰りに「危ないから」と駅まで送ってくれた

・仕事で困っている時にフォローしてくれた

・ケガをした時に手当てをしてくれた

・2人きりで遊んだ

・食事を奢ってもらった

・軽くボディタッチされた

 

などと言ったように「優しい」「異性を感じさせる状況・行動」があれば、相手に異性として意識させることができることが分かります。

 

必要なのは少しのキッカケ

 

「優しさ」は道徳的魅力を与えるものであり、性的魅力を示すものではありません。

 

しかしながら、「優しい」ということは、人としては非常に魅力的なことには違いありません。

仮に性的魅力を与えることができなかったとしても、「人に対して優しさを持っている」ということは何よりも大切にすべき長所だと思います。

 

何度も言いますが、「優しい人がモテない」というのは、優しいということ自体が問題ではなく、異性として意識させるような行動ができていないということ。

必要なのは「優しさ」に加えて「異性として意識させられるキッカケ」です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

オススメ記事↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました