【大学生】一人暮らしが寂しくて不安でどうしようもない時にするべき5つのこと/新入生・友達・履修登録

入学式も終わり、いよいよ夢に見た大学生活が始まった…、と思いきや

「一人暮らし寂しすぎるし、大学は不安だし、もうしんどい」という新入生。

 

その気持ちよく分かる。数年前の自分もそうだった。

 

入学式の後に周りが楽しそうにしているのを見てとんでもなく焦ったし、

親が帰った後の一人暮らしは寂しすぎるし、

履修登録が意味わからなん過ぎて泣きそうになった。

 

だからこそ今回の記事は、そんな不安な新入生に向けて、

「一人暮らしが寂しくて不安でどうしようもない時にするべき5つのこと」

について紹介していく。

 

この記事を見てあなたの大学生活が充実することを願っている。

 

大学の情報を自分で徹底的に調べる

大学の情報を徹底的に調べてみる。そうすると大学生活の流れがぼんやりと見えてきて、

不安が軽減されていく。

 

僕は心配性なので、一つでも気になることがあると、気が済むまで調べることにしている。

「調べた分だけ、余計に不安になるのでは…?」と思う人もいるかもしれないが、調べることで、頭の中が整理され、落ち着くことがよくある。

 

例:大学生活が不安

・「どこで授業があるか分からないから」不安
・「履修登録なんて分からないから」不安

というように「不安」を具体化するのである。

不安が具体化できたら、その不安に対して「自分は何ができるのか」を考える。

そして、自分にできることを確実に行う。

ここまでくると、良い意味で腹をくくれるのである。

 

あと、ポイントとしては自分で調べるということ。

知り合いや大学の先輩に情報を任せてたら中途半端になることが多い。

(個人的に、サークルなどの履修指導は行かなくても全然大丈夫である)

 

本当に分からないことがあった時は、大学の学生課・事務室で相談するのがベスト

しっかり相談に乗ってくれる。

自分で考えて、自分で行動する。これ重要。

 

 

小説を読んでみる

1人で不安な時は、小説を読んでみるのもオススメである。

実際に自分もメンタルがしんどかったときに実践してみたが、かなり効果があった。

小説には自分とは違う赤の他人の人生が描かれている。

自分とは違う他人の世界を想像することで、不安な日常に良い刺激を与えることができると思う。

読んでみるといつも以上に作品の世界に入り込むことができるはずである。

 

もっとも本当に精神的にしんどいときは本を開くのすら億劫かもしれない。

しかしそこをグッと堪えて数ページめくれば、波に乗れるかもしれない。

一つの方法として試してみてほしい。

 

 

 

Amazon Prime に入ろう

Amazon Primeは一人暮らし大学生の強い味方です。

  • お急ぎ便で買ったものがすぐ届く
  • 有料配送が無料になる
  • Prime Videoで映画見放題
  • Prime Readingで本や雑誌が読み放題
  • Prime Musicで100万曲を超える楽曲が聴き放題
  • 本が10%オフ・ノートや文房具が20%オフ

などの特典がAmazonプライムの学生版”Prime Student”ならたったの年会費4950円で利用できる。

(月間プランだと500円)

 

一人暮らし大学生にとって最大の敵は「暇な時間」である。

特に新入生の90%くらいは、

「あー大学生しんどい~」

「明日の大学行きたくない~」

「一人暮らし寂しい~」

「何でみんな友達いるんだろう~」

という考えてもどうしようもないことを永遠と考え続けるだろう。

1人で暇な時間が続くと鬱になることも多い。

 

そんな4月の不安定な時期を一緒に乗り越えてくれるのは「Amazon Prime」

 

個人的にPrime Video には超助けられている。

邦画も洋画もアニメも片っ端から見ていっても、3か月は持つ。

 

 

 

興味があることをやってみる

興味があることは積極的にやった方が良い。

なぜなら、大学生は人生の中で一番時間と体力がある時期だからである。

 

「このサークル楽しそうだな」

「バイト始めてみようかな」

「今度、ブログ始めてみようかな」

 

全部やってみればいい。むしろやった方が良い。

何度も言うが、今がチャンスだ。

 

大学生活を楽しむには「主体性」が何よりも大事。

自分から行動しないと何も始まらない。

 

たとえば、新歓に行くのは怖いかもしれないけど、

行ったら大体先輩たちは優しくしてくる。

 

バイトを始めて、もしうまく馴染めなければ最悪辞めればいい。

 

失敗したって問題はない。

できないことは後からでも辞められる。

やってみてから判断すればいい。

 

やりたいことはマジでやった方がいいよ!

やらない後悔よりもやる後悔。

 

朝はちゃんと起きて、飯を食え、とりあえず大学に行け

朝ちゃんと起きて、飯を食え。

健康に生きるための最低限の行動。

 

食事はホントに大切。

不摂生や食事を抜いたりすると、ホントに健康によろしくない。

料理は難しくても、ご飯くらいは炊いとこう

 

 

生活リズムを崩すのは超危険。特に、昼夜逆転だけは絶対に回避すべし。

昼夜逆転してしまった時点で、学校に行かなくなる。

昼夜逆転ヤバい。昼夜逆転ヤバい。昼夜逆転ヤバい。

大事なことなので3回繰り返したが、それくらい重要なポイント。

 

そして、大学に行け。

怠くても大学には通う。一年の頃に大学に行かないと本当に後悔する。

大学の先輩は「1回生の時は遊んでもいい」と言うかもしれないが、

1.2回生の勉強をしていないと、3回生の勉強についていけなくなる。

単位を取る程度には、大学に通ってほしい。

 

まとめ

最後になったが、別に大学生活を頑張って欲しいという訳ではなく、鬱になって欲しくない。

つまらない時間を作って欲しくない。楽しい時間を過ごしてほしい。

 

楽しむためには友達や趣味などが必要だと思う。

そのために、自分から行動するしかない。

「一人暮らしが寂しくて不安でどうしようもないのなら、行動するしかない!」

 

最後に、「一人が好き」という人。

それ本当に一人が好きなんだろうか?

恐らく「一人の時間が必要」なだけであって、「独りになりたい」訳ではないはずだ。

だから、そういう人には人との繋がりだけは保てと言いたい。

 

一度きりの大学生活。楽しんだもの勝ちである。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました