現代文はシステマティックに解ける 上(マインドセット編)【現代文勉強法③】

こんにちは、さとるです。

 

今回は、現代文シリーズ第3弾

 

現代文はシステマティックに解ける

 

と題し、2回に渡って、

実際の現代文の文章を使って、具体的な読み方や解き方を紹介していこうと思います。

 

以前の記事はこちらから

【1】現代文の苦手意識をなくす1つのイメージとは

【2】ミルクボーイのネタで現代文を勉強する

 

今回は、「前章マインドセット編」です。

 

主に、現代文を解く前に知ってほしいことを書きました。

 

少し長いですが、最後まで読んでいただけると幸いです。

 

また、今回はセンター国語(2017年)を教材として使用していきます。

 

なぜ2017年のものかと言いますと、

 

この年が、

過去5年の中で最も平均点が低かった(104,68点)からですね。

 

今年(2020年)のテストの平均点が(119,33点)ということを踏まえると、

 

かなり難しかった年と言えます。

 

しかし、

「客観的なルール」を元にした読み方ができれば、十分対応できます。

 

これから一緒に難問を解いていきましょう!

 

 

 

 

入試現代文の概略=時間が足りない件について

 

入試現代文の一番の敵は、「時間制限」です。

 

センター試験は、4題80分

ざっくり言うと、1題6問を20分で解くわけです。(1問 3分20秒ほど)

 

ちなみに、センター試験に代わり、2021年1月から実施される

大学共通入試テストでも4題80分となっています。

 

もう本当に時間が足りないんです。

 

個人的には、人生で一番時間が短く感じられた瞬間だと思ってます。

 

だからこそ、言いたい。

 

入試現代文は、

文章の大事な所だけを読み、設問を無駄なく速く解く必要がある

 

と。

 

文章を前から丁寧に読む時間はないということです。

 

ですから、今回は

実際に、僕が入試現代文をどのように解いているか」

という点に焦点を当てて、具体的な読み方、解き方を紹介しています。

 

「時間がない中、どのように解いているか」に注目していただければ幸いです。

読み方のポイント、解き方のポイント

読み方のポイントは、

文章の傍線部がない段落は、キーワードと「論理」だけチェックしてさらっと読む

文章の構造を木に例えてみると、

 

1本の木が、

木の幹があって、枝に分かれて、そこに葉がついて木を構成していると同じように、

現代文の文章も、

幹には「筆者の主張」があって、枝のように「論理」がわかれ、葉のように「段落」がくついているのです。(論理については前回説明しましたね)

段落(読み)ダンラク

長い文章を内容などからいくつかに分けた区切り。形式的に、1字下げて書きはじめる一区切りをいうこともある。段。パラグラフ。

コトバンクより引用

 

段落とは、「長い文章を内容などからいくつかに分けた区切り」のことを指しますから、

1つの段落において、基本的に伝えたいことは1つなのです。

 

そして、伝いえたいことは、その段落の中でしばしば、

キーワード」という形で何度も出てきます。

 

「どうして何度も出てくるの?」

「絶対に伝えたいからだよ!」

 

それらを踏まえると、

文章の傍線部がない段落は、

キーワードと「論理」だけチェックしてさらっと読むことは、

時間がない入試現代文において、有効な読み方といえます。

 

 

 

 

 設問は、「きまった手順で解く」

 

入試現代文は、「客観的ルールに従って読む」訳ですから、

「きまった手順」で解くことが可能です。

 

1つ1つの手順を丁寧にこなす。

 

スポーツ選手のルーティンをイメージですかね。

「ルーティン」ように作業を行えば、

余計なこと考えたり、焦ったりすることも減ります。

 

そして何より、「きまった手順」で解くことは、

「一か八かのような解き方」をしないことに繋がります。

 

「じゃあ、その解き方ってどんな感じなの?」

 

これから、その解き方について説明していきます。

設問の解き方

 

現代文の問題の半分以上は、

〇〇はどういうことか」という内容説明の問題と、

〇〇とあるが、それはなぜか」という理由説明の問題です。

 

 

問題を実際に解く前に、これらの設問の解き方を解説しておきます。

 

内容説明 「〇〇はどういうことか」

 

手順

①文の構造(SVなど)を確認

②「その言葉だけでは、何を言っているか分からない言葉」(指示語、比喩、特別言語)を確認

(特別言語は、筆者のオリジナルの言葉を指します)

③根拠を探す。

 

これが「どういうことか問題」の解き方です。

 

②の「その言葉だけでは、何を言っているか分からない言葉」についてですが

例えば、

「ねぇ、あそこの、かまぼこ板みたいな形の『ポチポチ』取ってよ」

言われたどうしますか。何言っているのか分かりませんよね。

 

あそこが指示語

かまぼこ板みたいな比喩

「ポチポチ」が特別言語です。

 

これを、補足すると

「ねぇ、ソファーの上にある、長方形の、『テレビのリモコン』取ってよ」

 

となります。

 

これが内容説明の本質は、

その言葉だけでは、何を言っているのか分からない部分を補って、

誰でもわかるような文に変える

ことです。

 

以上が内容説明の問題でした。

 

理由説明 「〇〇とあるが、それはなぜか」

 

手順

①文構造を確認

②前提(X)とその結論(Y)を確認。

③飛躍した部分(ツッコミどころ、ぶっ飛んだところ)を確認」

④根拠を探す(Xの説明)

 

 

③の飛躍ですが、

 

例えば、

「有名人になるのは、難しい」

という文があったらどう思いますか?

 

「当たり前だ!」と思いますよね。

「有名人になる」ことと「難しい」ことがスッとつながります。

これは、「飛躍がない」と言います。

 

一方、

「有名人になることは、簡単だ」という文があったらどうでしょう。

 

「ええ、なんでですか」と思うだろうし、

「どうして?」とツッコミたくなりますよね。

 

「理由がないと納得できない」

 

 

 

これを、「飛躍が存在する」と言います。

 

この飛躍を埋めるためには、どうしたらいいのでしょう?

 

「簡単だ」という部分を説明しても論理は埋まらないですよね。

 

だから、「有名人なることは」という前提(X)の説明をすることによって飛躍を埋めるのです

 

基本的に、飛躍した部分の確認をしたら、前提の説明を探しに行きます。

 

「有名人になることは、

昔のように、芸能人にならないといけないわけではなく、

今は、インターネットを利用して、

情報やコンテンツを発信して、共感を得られれば、

誰でもなることができるので、

簡単である」

 

 

これが、理由説明の手順です。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

次回は、ついに、センター試験を解いていきます。

続き、【4】現代文はシステマチックに解ける下(実践編)

コメント

タイトルとURLをコピーしました