男子学生でもできる!良コスパ&荒れない髭剃り方法を紹介します

 

皆さんこんにちは!さとるです。

 

第一回目の記事となる今回は、コスパがよくて、なおかつ肌荒れしにくい髭剃り方法を紹介します。

 

「一回目の記事で髭剃りか」と思われる方もいるかもしれませんが、僕はしみったれた学生のくせにそれなりに美容に気を使っている…方だと思います。

 

 

というのもそれは

 

 

 

 

 

シンブルに肌が激弱なんじゃー

という訳です。

 

 

 

 

日焼けするとすぐ皮がむけるし、虫にさされると饅頭みたいに腫れるし、とにかく肌が弱い。

 

 

そんな感じで、小さい頃から激弱な肌ともに、数々の苦難に立ち向かっていたのですが…

 

 

高校生ころから新たな問題が発生。それが、「髭剃り問題」です。

acworksさんによる写真ACからの写真

剃っては赤くなり、「剃りたくなーい」と思うけど、剃らないと品がない。

できるのならば一生剃りたくなかったのですが(むろん髭が似合う男でもない)、

 

 

「せめて品がある村人でいたい、いやいなければならない(信用にかかわるため)」

と思うようになり、髭剃りの方法を研究。そして、ついに肌荒れしない髭剃りの方法をみつけたので、以下に手順と美容グッズを紹介します。

まずシェービングフォームを髭に塗る

肌が弱い僕にとって、シェービングフォームは命です。超大切です。

 

考えるよりも先に、髭にしっかり塗りましょう。

 

つけることによって、髭が剃りやすくなるだけではなく、肌を守るクッションの役割も果たしてくれます。

 

 


お値段はだいたい500円前後。学生でも手が届きます。
また、シェービングフォームはドラックストアにあるものでOKです。

 

 

 

また細かい話になりますが、シェービングフォームには泡タイプとジェルタイプがあります。

 

好みによって使い分けてみてください。ちなみに僕はジェルタイプが好きです。

 


使ったことないよって方はぜひ1度使ってみていただきたい。

 

 

電動シェーバーで優しく剃る

シェービングフォームを付けた後、は少し時間をおいて(1~2分ほど)肌になじませます。

 

そして、電動シェーバーで電動シェーバーで優しくなでるように剃ります。

 

個人的な経験ですが、カミソリでは「力が入りすぎたり」、「うまく剃れないと何度も擦ったり」して、肌に負担をかけてしまい…

 

結果、赤くなったりニキビができたりしました涙

 

やはり、肌の負担を考えると電動シェーバーのほうが良いと思います。

 

とにかく保湿!

最後は保湿です。

 

髭を剃った後は乾燥した状態ですし、当然傷ついています。

たぶんこんな感じだと思います。

syujiさんによる写真ACからの写真

 

髭剃り後に肌が荒れてしまう方の原因は、保湿不足の場合が多いです。

 

つまり保湿をすることで、肌の傷つきを軽減し、肌トラブルをへらすことができるのです!

 

さぁ今こそ保湿です!

 

保湿の手順

1 化粧水をぬる

まず化粧水をぬり、肌に潤いを与えてあげます。

この時化粧水の量は、「ちょっと使いすぎかな」と思うくらいでいいと思います。

 

 

乾燥した肌に潤いをあたえましょう!

 

 

 

 

2 乳液をぬる

そして、化粧水の潤いをキープするために乳液を使います。

 

イメージとすれば、化粧水の上に薄い膜を作ることで乾燥を防ぐ感じです。

 


あとこれは結構大切なのですが、塗る順番は「化粧水→乳液」の順番です。初期の頃の僕はそんなことなんて知らずに乳液だけ塗っていましたが、化粧水を使うようになってから抜群に肌の状態が良くなりました。

 

髭剃りをした後のケアは、化粧水を塗ったのちに乳液を塗れば完璧です

 

まとめ

いかがだったでしょうか。肌荒れしない髭剃り方法を紹介しました。どれも学生でもできるくらいコスパも良いため、ぜひ試してみてください。

 

きっと今までの肌トラブルもなくなると思います。

 

では。

コメント

  1. まゆしーです より:

    自分も髭が濃くて、高校時代のあだ名が髭ダンでした。これを試してみようかと思います。

タイトルとURLをコピーしました